ドクターイエローの音

ドクターイエローとは、新幹線の線路や架線などを検査する、「黄色い新幹線」で、正式には「電気軌道総合試験車」といいます。JR東日本(東北、上越、長野、山形、秋田新幹線)では、それに代わって「East-I」という車両(塗装は白に赤帯)が登場し、「黄色い新幹線」はお役御免となってしまいました。
JR西日本とJR東海(東海道・山陽新幹線)では、現在でも黄色い新幹線は走っています。最初は0系をベースとした922型という車両でしたが、JR東海は2000年、JR西日本は2005年に700系をベースとした923型を導入して、922型は引退となり、現在は両社とも923型で検査(用語では「検測」という)を行っています。検測は月に3回東京~博多間を走りながら行います(なので、10日に一度は走っていることになります)。923型は280km/hで走りながらの検測が可能で、検測しながら走る速度としては世界最速です。
ここで本題です。私の家は山陽新幹線の線路から100mほどのところなので、ドクターイエロー(923型)を見ることはよくあります。923型が通ったときは、通常の新幹線車両の走行音に加え「ピュォォォォォォォォォォォン」という独特の音が聞こえるので、姿を見なくても923型が通ったことが分かります。この音が一体なぜ発生するのかは謎です。なぜこんな音が出るのでしょう?
[PR]