カテゴリ:BVE Trainsim( 10 )

昨年7月8日に書いたBVEのエラーですが、このほどついに原因が判明しました。
原因は、自作のオブジェクトでした。
このエラーが発生したのは、自作の総芽電鉄総加線と階師線のデータ(いずれも、メインサイトで配布中の総芽本線以上の糞データーなので配布は考えておりません。あしからずm(__)m)です。
この2路線にしか使用していないオブジェクトがいくつかあったので、それらのオブジェクトを1種類ごと基本オブジェクトまたはBVE1用オブジェクトに差し替えてエラーが発生する箇所を運転したところ、原因は自作の斜面のオブジェクトにあることが判明しました。もっと言えば、このオブジェクトがトンネル通過直後に表示されるとこのエラーが発生するようです。
このオブジェクトに使用したテクスチャは、GIMPでノイズというフィルタを適用して作成したため色数が多いのです。(解像度を下げたり減色したりしてみましたが、エラーは出ました)
現在、このオブジェクトの使用をやめ、基本オブジェクトのDikeL.csvまたはDikeR.csvに差し替える作業をしています。
d0073011_1672543.jpg

↑問題の斜面のオブジェクト。よく考えてみれば、オブジェクトそのものを差し替えるよりこのオブジェクトのテクスチャを差し替えたほうがよかったような・・・。
[PR]
by tkihara18 | 2010-04-13 16:08 | BVE Trainsim
オブジェクト作成の省力化(になるのかどうかは不明)のため、TOMYの「街並みコレクション」をbveのオブジェクトにしてみました。
それぞれの面に街コレを撮影した写真を加工して貼っています(屋上除く)。
書くまでも無いかもしれませんが、手順は、
1.街コレを撮影する
2. 1で撮影した写真を取り込む
3. ペイントで必要な部分を切り抜き、bmpで保存
4. Irfan Viewで開いて、256色に減色し、画像幅が2の乗数になるようにリサイズ(この場合64px)して上書き保存。
5. オブジェクト作成
と行った感じです。
オブジェクトの大きさは、街コレを実物大に換算した大きさになっています。また、軽量化のため、建物の背面と、細かいパーツは省略しています。

d0073011_1583749.jpg

↑左が完成品で、右が元の写真ですの。(この言い回しの理由は壁紙にあり)
[PR]
by tkihara18 | 2010-02-06 15:08 | BVE Trainsim
臨海鉄道風のディーゼル機関車のオブジェクトを作ってみました。

d0073011_11412249.jpg

モデルはDD13と京葉臨海鉄道KD60です。
形式名はDL97、所属会社は摩府羅部臨海鉄道(元ネタは画像の背景がヒント。小説版を読んだことぐらいしかないです)です。
まだ未塗装のため真っ白です。これから塗装を考えます。
TrackVewerでDL97の背後に写っている物体はタキ45000のつもりです。
[PR]
by tkihara18 | 2009-12-20 11:41 | BVE Trainsim
路面電車の路線データを作るための、併用軌道のオブジェクトを作ってみました。
舗装面付きのレールに、車道をRail構文で平行させて設置するというものです。
直線区間や、緩いカーブ(R100mぐらい)はうまくいったのですが、路面電車の特徴である交差点の急曲線はうまくいきません。単線なら何とかなるのですが、複線の場合、対向線がどうしてもガタガタになります(半径をちゃんとあわせているのに)。
この曲線の半径は、25m単位の曲線長で直角に曲がれるように16mと32mの2種類用意しましたが、16mは無理があったようで黒歴史となりました。
まだまだ改良の余地があります。

d0073011_1111463.jpg

[PR]
by tkihara18 | 2009-12-05 11:11 | BVE Trainsim
萌電気鉄道とは、現在私がBVEで作成している架空路線です。

これは、私がニコ動でよく見る「萌えソング電波ソング大全集」という作業用BGMが元ネタです。なぜ、作業用BGMが元ネタになったのかというと、全ての曲を聴いている時間がないときは、一部の曲を飛ばして聞くことがあり、これを優等列車の停車駅と通過駅に見立てたというものなのです。
もちろん、駅名は全てその動画に使用されている曲が元ネタです。

この萌電気鉄道(以下:萌電)は、二壷線(前回の記事からリンクされている、総メ研会員ブログの09年11月25日の記事参照)をヒントにしている面もあります。
但し、共同制作とはいかないため、私が一人で作ります。(どこまで根気が続くかが問題です)

オブジェクトですが、軽量化のため、基本的に、あらかじめBVE本体に収録されている基本オブジェクトと、公式サイトで配布されているBVE1用ストラクチャ(配布ページ:http://chiba.cool.ne.jp/mackoy/support/downloads.shtml)を使用します。それ以外のオブジェクト(自作および他サイトで配布のもの)は、15前後、最大で20までとします。
BVE1用オブジェクトは、内容がBVE2の基本オブジェクトと重複していますが、BVE2にはないトンネルのオブジェクトがあります。また、ファイル形式が.b3d形式となっていますが、BVE2でも問題なく読み込めます。
[PR]
by tkihara18 | 2009-11-28 08:12 | BVE Trainsim
BVEで線路沿いに建物を並べるとなると、その都度FreeObj構文を書かなければならないため、Routeファイルのソースがごちゃごちゃになってしまいます。
そこで、省力化のために考えたのは、Groundオブジェクトに建物を含めてしまうのです。それがこの写真です。(背景に関してはスルーしていただければ幸いです。どう見ても咲夜さんです。本当に(ry )
d0073011_2318165.jpg

まだ試作段階なので、全部同じ建物というのが気持ち悪いです。一応複々線対応ですが、建物の位置は線路からの相対的な座標にあるため、自線が何本目の線路なのかによっては建物とレールが重なってしまいます。また、自線が転線する形となれば、建物がそれに沿って動いてしまうため、改良の余地があります。DikeまたはWall構文で置けるものをいっしょに作っておいて、それを併用すれば何とかなりそうです。
[PR]
by tkihara18 | 2009-11-13 23:18 | BVE Trainsim
先月の終わりごろから、BVEのメニューが表示できず、終了できなくなるというトラブルが数回に1度発生しています。
d0073011_14231692.jpg

症状としては、BVEを終了させようと、上の写真の赤丸部分をクリックしてもメニューが表示されません。
タスクマネージャーを起動して終了させようと「Ctrl+Alt+Del」を押すと、写真のような
アプリケーションを正しく初期化できませんでした(0xc000012d)。[OK]をクリックしてアプリケーションを終了してください。
という警告ダイアログが出ます。「Ctrl+Alt+Del」を何度押してもまた然りで、タスクマネージャーは起動しません。しかし、何度か繰り返すとメニューが表示できるようになります。しかし、フルスクリーンで起動した場合は、BVEを終了できても、画面中央付近が拡大表示されたままになってしまいます。

最初はグラフィック関係でのエラーを疑い、デスクトップの色を16ビットに落とし、フルスクリーンではなくウインドウで起動するようにし、あまり運転しない路線、車両データの削除、さらにはあまり使わないアプリケーションのアンインストールも行いましたが、それでも上記の症状が発生したため、原因はPCのスペックや容量にあるわけではなさそうです。

この症状が発生したのはいずれも自作の路線を運転したときでした。運転方法としては、勾配区間をマスコン入れっぱなしで高速運転をしました(120km/h程度の速度です)。

どうすればこの症状をなくすことができるのでしょうか。分る方がおられましたら教えていただけないでしょうか。

私のPCのスペックは、
OS:Microsoft Windows XP Home Edition (5.1,ビルド2600)
システムモデル:dynabook SS MX/290DLE
プロセッサ:Intel(R) Pendium(R) M processor 1.20GHz
メモリ:750MB RAM
です。
[PR]
by tkihara18 | 2009-07-08 14:36 | BVE Trainsim
サークルのブログ(↑トップのリンク参照)にも書いていますが、私は現在BVEで架空路線を製作中です。

オブジェクトはフリー素材を多用していますが、自作のオブジェクトも製作しています。
住宅地を再現するために住宅のオブジェクトを作ったのですが、近代的な住宅しか作っていないため、日本家屋(瓦屋根の家)のオブジェクトもほしくなってきました。
瓦屋根の手描きは面倒なので、フリーの写真素材を加工しようと思いましたが、使えそうなものは見つかりませんでした。
そこで、不動産屋のチラシに載っている家の写真をスキャンしたものを加工することにしました。(写真を立てて書き割り状にするのです)

こうして製作したオブジェクトが下の写真です。50mの間に4種類の家が建っています。アニメの背景ように同じ町並みの繰り返しとなっていますが、気になるようだったら種類を増やします。

d0073011_836032.jpg


最後に、サファイヤの石様、またご報告ありがとうございます。早速DLさせていただきたいと思います。
[PR]
by tkihara18 | 2009-06-28 08:36 | BVE Trainsim
運転シミュレーションで、臨場感を出すには効果音が不可欠です。
特に私が好きな効果音は、ATSなどの保安装置から出る効果音(もちろんモーター音も重要)です。具体的には、赤信号や終着駅の手前で聞こえる「キンコンキンコン・・・・」という警報持続チャイムです。これは、「電車でGO!」シリーズや、「トレインシミュレータ九州新幹線」でも聞くことができます。また、BVEでも聞くことができ、さらに自分でATSを投入することができるものもあります。
このほかの効果音として、ATS-Pのパターン接近のベルの音があります。これは、列車の速度がATS-Pによって設定された許容速度に到達しそうになったときに鳴るものです。PS3用の「レールファン」でも聞けるそうです。また、BVEでも聞くことができます。特に、「Koyage」というサイトで配布されているFurutch氏製作の阪急京都線では、109~110km/hで走ると、このベルがいい音を立てて鳴り響きます。

Koyage http://koya.s101.xrea.com/

[PR]
by tkihara18 | 2008-02-11 09:31 | BVE Trainsim
BVE Trainsim(以下BVE)とは、mackoy氏が開発した、フリーの鉄道運転シミュレーター(Windows用)です。
「BVE」とは、「暴走ビューエクスプレス」(255系特急型電車の愛称『房総ビューエクスプレス』のもじり)の略で、当初は「BVE」が正式名称でしたが、誤解を防ぐためなどの理由から「BVE Trainsim」という名称に統一されています。
私は以前から知っていたのですが、おととい「YouTube」でBVEの運転画面の動画を見てから欲しくなったのでダウンロードしてみました。
BVEは路線や車両の自作が可能で、多くのユーザーがさまざまな路線や車両を作成し、サイトで配布されています。私は公式サイトの内房線と、ユーザーのサイトの東武伊勢崎線と阪急甲陽線をダウンロードしました。
BVEはリアルで、まさにコアな鉄道好きに適したシミュレーションソフトといえるでしょう。風景は技術的な問題からか、実際の場所が街中なのに「大平原」であることが多いみたいです。(それはそれで面白い)
d0073011_14361223.jpg

↑立命館大の学祭(07年11月19日の記事参照)の鉄道研究部の展示会場で運転されていたBVEです(見たときはBVEであることに気付かなかった)。路線は阪急京都線のようです。そのうちダウンロードします。

BVE公式サイト:http://mackoy.cool.ne.jp/
[PR]
by tkihara18 | 2008-01-28 14:38 | BVE Trainsim