カテゴリ:地域情報( 26 )

今日の帰りに、幡生駅構内で末期色になった岡山電車区の115系K04編成が試運転をしていました。
300番台のクハ車と、3500番台の末期色はこれが初めてだと思います。
編成は岡山側から、
クハ115-305+モハ115-3507+モハ114-3507+クハ115-306
です。
d0073011_17593365.jpg

[PR]
by tkihara18 | 2010-07-14 17:58 | 地域情報
先月3日から、下関総合車両所(幡生の方)に、広島の103系で唯一の高運転台であるE-04編成が居ますが、どうやら廃車になったようです。

先々週ぐらいに、側面の方向幕が抜き取られ、今日、内装を取り外す作業が始まった模様です。

d0073011_16192973.jpg

[PR]
by tkihara18 | 2010-07-01 16:19 | 地域情報
今日15時頃、幡生駅構内で末期色の105系が試運転をしていました。
試運転をしていたのは、下関総合車両所所属のクハ104-16+クモハ105-16の2両編成でした。
末期色の105系は広島、岡山には登場しているので、中国地区で105系が所属する管区全てに末期色の105系が登場したことになります。
現在はどうやら福知山色の117系300番台1編成が全検を受けているようで、だとすると近日中にも末期色の117系も登場することになります。
d0073011_17171019.jpg

[PR]
by tkihara18 | 2010-05-28 17:17 | 地域情報
今日、下関総合車両所に、末期色の123系が居るのを確認しました。
車号は確認できませんでしたが、側面の配置からクモハ123-2~4のどれかであることは確かです。
d0073011_16205114.gif

[PR]
by tkihara18 | 2010-05-18 16:21 | 地域情報
JR西日本が各地で進めている塗装変更ですが、下関総合車両所のキハ47に首都圏色に変更された車両が登場しました。
今回塗装変更が確認されたのはキハ47-95です。連結相手のキハ47-3502は広島色のままです。
d0073011_1481643.jpg

[PR]
by tkihara18 | 2010-02-04 14:07 | 地域情報
本日、下関総合車両所内に黄色の115系がいるのを確認しました。

[PR]
by tkihara18 | 2010-01-14 15:34 | 地域情報
JR西日本広島支社所属の電車・気動車の塗装が変更されることになったそうです。(瀬戸内マリンビュー・みすゞ除く)
新しい塗装は、電車が濃黄色、気動車が朱色です。いずれも単色で、帯も模様もないようです。
プレスリリースによれば、
現在、弊社ではさまざまな塗装の車両を運転しておりますが、このたびJR西日本の保有車両として地域色を表現した上で、統一性を持たせることにしました。
 広島支社でも次のようにシンプルなデザインとすることで、地域色をより強調し、今後も地域の皆様からより親しみを持っていただけるよう努めてまいります。

とあります。
塗装のコンセプトは、電車が
瀬戸内地方の豊かな海に反射する陽光をイメージし、濃黄色を採用

気動車が
JR西日本の統一色として、新製当時の朱色で統一を図る

とあります。
気動車(キハ40系列)の場合、これは首都圏色に戻すということなのでしょう。

電車の場合、形式によってさまざまな塗装があって面白かったのですが、これが全て黄色(黄色5号かな)に統一されるのです。113系・115系・117系・103系・105系・123系全てがそうなるようです。
103系の場合、カナリア色という実例があるのですが、黄色1色の117系を想像すると、「ね~よ!」といった感じです。福知山色の117系は全検を受けると塗装は変更されるだろうと思っていましたが、こうなるのですね。
しかし、もっと気の利いた塗装にする案はなかったのでしょうか(瀬戸内海をイメージした青や緑系の色など)

広島支社プレスリリースhttp://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1174601_799.html
[PR]
by tkihara18 | 2009-12-10 16:55 | 地域情報
先ほど下校中に幡生駅構内で115系のN30体質改善車が試運転をしていたのですが、それは元福知山電車区所属のC43編成(クハ115-1108 モハ115-1034 モハ114-1095 クハ115-604 )でした。それは、モハ114にパンタグラフが2基搭載されていたことで分りました。
d0073011_15234846.jpg

このC43編成は、4~5年ほど前に下関に転属してきたのですが、転属してから数年間は福知山色のまま運用され、おととし頃に瀬戸内色に塗り替えられました。モハ114-1095は下関の115系では3000番台を除いて唯一の2パンタ車で、特に瀬戸内色の2パンタ車は唯一の存在でした。
また、クハ115-604は全面ガラスが金具で固定されたいわゆる「鉄仮面」で、(少なくとも下関では)唯一の体質改善色+鉄仮面となっています(クハ115-604は塗装変更だけのはずです)。
というわけで、唯一の要素(←少なくとも下関では)を2つ持った編成になってしまいました。

2010年5月3日追記
この記事の写真が、なんと、「迷列車で行こうシリーズ」に使われました。動画の作者様、ありがとうございます。

[PR]
by tkihara18 | 2009-08-03 15:23 | 地域情報
広島地区の国鉄型電車はよくガムテープで補修されているということが「ニコニコ動画」などでネタにされていますが、今朝とんでもない車両に遭遇しました。
d0073011_13563577.jpg

その車両はクハ111-1139なのですが、↑この写真の赤丸で囲った部分をご覧ください。
なんと、前面方向幕にガムテープが貼られています。
写真では分りづらいですが、この部分には、段ボールをあてがった上からガムテープが貼られていました。おそらく方向幕の外側のガラスが破損したものと思われます。

ガムテープで補修された車両の存在は「ニコニコ動画」の動画内で知ったのですが、ガムテープが貼られているところは車内しか見たことがなく、車体の外側に派手に貼られたのを見たのはこれが初めてです。




*09/09/11 ニコニコ動画貼り付け対応により、リンクから埋め込みに変更しました

話は変わりますが、6月11日にコメントをくださったサファイヤの石様、こちらこそコメントありがとうございます。気動車の無地素材はぜひ使わせていただきたいと思います。
[PR]
by tkihara18 | 2009-06-17 14:04 | 地域情報
下関総合車両所(今月から下関車両センターから改称されました)で保管(?)されていたキハ23が解体される模様です。
おとといに山陽本線の車内から見える位置(解体が行われる場所)に移動されていたのですが、その時点で一部の窓は取り外されていました。
また、昨日からEF66-46が解体場(?)に留置されています。

最近では岡山電車区の救援車だったマニ50とワキ5000が解体されています。(今日現在では、まだ残骸が置かれています。)

話は変わりますが、5月29日に復活の報告をくださったサファイアの石様、わざわざご報告ありがとうございます。(半月近く気付かなくてすみませんm(__)m) サイトのほうへはぜひリンクを貼らせていただきたいと思います。
[PR]
by tkihara18 | 2009-06-11 14:06 | 地域情報