<   2006年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

本題に入る前に・・・・・
最近「トリビアの泉」の最後(予告トリビア)では、「フジテレビからのお知らせ」と称して、「9月27日の2時間半スペシャルで・・・・」と言っています。直後のスポンサーを言うところでは、トリビアがNo1000がどうのこうの書いてあるので、1000個目のトリビアが出るのかと思っていたのですが、昨日の「予告トリビア」(お知らせ)では、「9月27日の2時間スペシャルでおわ・・・・」といっていました。もしかすると、9月27日で「トリビアの泉」は終わってしまうのでしょうか?!(これは推測ですので、まだ終わると決まったわけではありませんので念のため)

さて本題に入ります。
今日のトリビアはこちらです。
「京浜急行の北品川駅は、品川駅よりも南にある」
北品川駅と言えば、京急線の品川駅の次の駅で、品川駅より南にあります。では、なぜこうなのかと言うと、実は、品川駅が品川区ではなく、港区にあると言う事にあります。品川駅は港区にありますが、北品川駅は品川区にあります。もちろん、品川と北品川の間に品川区と港区の境界はあります。したがって、品川駅は品川区の北にあると言う事は事実なのです。そのため、品川駅の南にあっても、北品川にせざるを得なくなったのでしょう。(というより他の駅名にすればよかったのでは・・・?)
[PR]
d0073011_10535263.jpg

d0073011_10542887.jpg

これらの写真は、2003年11月の下関車両センターの一般公開で撮影したものです。この2枚の写真はいずれも同じ車両で、違う部分を撮影しています。見て分かるとおり、これは大阪環状線の103系です。しかし、1枚目の写真を見ると、先頭部分(正面)に扉がつくと思われる開口部が開けられています。これは改造中であることは明らかです。
突然ですが問題です。この車両は改造されてどのような車両になったでしょう?
(勘のいい鉄道ファンの方にはもうお分かりの方もいるでしょう)

答えはこちら
[PR]
いつもの悪い癖で(^^;早くもTGVに飽きがきてしまいました。
m(_ _)m
そのため、刷り溜めていたTGVのペーパークラフトを一気に完成させましたので紹介します。
d0073011_14155512.jpg

まず最初は、このオレンジ色の「TGV PSE」です。私が最初に知ったTGVの車両ということもあって、TGVといえばこの車両を思い浮かべます。
d0073011_14182735.jpg

続いては、お隣韓国の新幹線「KTX」です。KTXはTGVの技術で造られました。編成はなんと20両編成です。この大編成のためか、動力車は編成の両端の機関車だけではなく、その隣の客車にも動力機関があります。ちなみに先頭部のKTXのロゴの下に書いてあるハングルは、「韓国高速鉄道」という意味で、「ハングコソクチョルド」と読みます。
d0073011_14271958.jpg

次は、2階建ての「TGV デュプレックス」です。日本にも、東北、上越新幹線の「Max」(E4系とE1系)というオール2階建ての新幹線がありますが、TGVにもあるのです。もっとも、編成の両端の車両は客室なしの動力車(機関車)ですので、もちろん2階建てにはなっていませんが・・・。
d0073011_14331917.jpg

最後は、「LA POSTE」です。全身黄色で(「ドクターイエロー」ではありません)、窓も無く、一見異様にも見えますが、これはTGVの郵便物輸送専用列車です。新幹線で郵便物を運ぶというのはとても賢いやり方だと思います。日本では列車で郵便物を運ぶ制度が廃止されたため、このような列車が日本の新幹線にも登場する可能性はありませんが、私的にはあったらいいなと思います。皆さんはどう思われますでしょうか?

次回作着工!!
[PR]
今日は2本立てです。
以前予告したとおり、TGVWebの「アセラエクスプレス」のペーパークラフトを造っていたのですが、去る25日に完成しましたのでお見せします。
d0073011_14554764.jpg

アセラエクスプレスは2000年に登場したアメリカの高速列車で、TGVの技術で造られました。
「アセラ(acela)」というネーミングは、より速く(加速:acceleration)とより快適に(卓越:excellence)の造語です。
列車はワシントンDC~ニューヨーク~ボストンを結び、最高速度は時速160マイルすなわち約256km/hになります。
編成は、両端の動力車と、客車6両(ファーストクラス、ビジネスクラス、食堂車)の8両編成です。これもTGVと同じく、動力車に客室が無いため、広義には機関車牽引列車となります。車両の構造はTGVとは違い、全車両が従来と同じボギー車です。この固定編成のほかに、HHP-8という機関車単体のものもあります。
[PR]
突然ですが問題です。
鉄道車両の車輪はどんな形をしているでしょう?

昨日放送された「平成教育委員会」(とても面白かったです)のなかで、この問題が出ていました。出演者の解答を見ると、「珍解答」が多く、正解者は全体の4割ぐらいでした。しかも、小学生のこの問題の正解率はかなり低かったです。列車は身近な乗り物なのに、結構知られていないんだなと思いました。列車の車輪のことは、番組内でも解説されていたので、見た方は同じことを2度聞かされている事になりますが、「24時間テレビ」を見ていた方のために(冗談です
(^^))解説します。
まず、車輪の断面の形は台形になっています。そして、2本並んだレールの内側に来る方の直径が大きく、外側に来る方の直径は小さくなっています。また、内側の方には、線路から外れないように「フランジ」という出っ張りが付いています。
d0073011_14221062.jpg

なぜ、台形になっているかというと、車輪の表面が平らだった場合、直線なら問題ありませんが、カーブでフランジが引っかかってうまく曲がれません。しかし、断面が台形の場合、カーブでは遠心力で車輪はカーブの外側に向かって押し付けられます。(時々カーブを通過中に「キーン」という耳障りな音がするのは、このときにフランジがレールに押し付けられてこすれるからです)このとき、カーブの外側のレールには、車輪の半径の大きい方が、内側のレールには、半径の小さい方が接し、カーブをスムーズに曲がれるというわけです。(よく分からないという方は、楊枝の両端に厚紙などを切り抜いた、それぞれ異なる大きさの円盤をとりつけ、バーベルのようなものを作り、それを転がしてみてください。すると、小さい方の円盤を内側にして、曲線を描いて転がるはずです。)
d0073011_1474136.jpg

8/29 概念図をUPしました。
(手書きでお見苦しいですが・・・(^^;  )
[PR]
今日のトリビアはこちらです。
「新幹線には、屋根に高圧電線が通っているものがある」
どういうことか説明する前に、「離線」という現象について説明します。電車や電気機関車は架線からパンタグラフによって電気を取り入れます。そのパンタグラフは、揺れによって、時として架線から一瞬離れることがあります。そのパンタグラフが架線から離れる現象を「離線」といいます。そして、加速中に離線が起こると、一時的に電力供給が途絶え、機器類に悪影響をもたらしてしまいます。それを防ぐため、編成内のパンタグラフを電線で結ぶ事により、離線しても他の車両のパンタグラフからも電力供給ができるようにしているのです。その電線のことを「高圧引き通し」といいます。新幹線では、300系(初代「のぞみ」)以降の車両では、その高圧引き通しを屋根に設けています。新幹線の連結部分の上側を見ると、屋上に碍子があるのが見えます。このように屋上に高圧電線が通っているのは300系以降の車両のため、それ以前に登場した0系・100系・200系には付いていないはずです。
昨日の記事の3枚目の写真でも、ペーパークラフトですが、それを確認できます。

参考文献:「週刊 鉄道データファイル」(デアゴスティーニ刊)
[PR]
d0073011_1035437.jpg

先日から作っていたTGVのペーパークラフトが完成しました。今回作ったのは「TGVタリス」と
いう列車で(22日の写真の手前から2つ目の車両)、TGVの中ではいちばん好きな車種です。TGVタリスを知ったのは私が小6のときで、「鉄道ジャーナル」に乗車記事が掲載されていたことが好きになったきっかけです。パリ~ケルン・アムステルダムを結ぶ列車で、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツを結ぶ国際列車です。
TGVタリスの編成は、両端の動力車(客室なし)と動力なしの客車8両(1等車3両+食堂車+
2等車4両)の10両編成です。パリ~ブリュッセル間はケルン行きとアムステルダム行きの2
編成が併結し、20両編成になります。電車のように見えますが、広義には機関車牽引列車に分類されます。(動力車に客室がないため機関車ということになります)
d0073011_10383928.jpg

左がPBA、右がPBKAと呼ばれるタイプの先頭車です。PBA・PBKAの意味は、P=パリ、
B=ブリュッセル、K=ケルン、A=アムステルダムで、タリスが結んでいる都市の頭文字です。PBAは従来と同じデザインの車両で、まだケルンまで行くようになる前に登場したものです。ゲームの「A列車で行こう5」に登場した「TGV」はこれです。PBKAはケルンまで行くようになって
から登場したもので、滑らかな先頭部分の形状は機能を追及して生まれたそうです。このモデルでは、編成の前後で異なる形の先頭車にしていますが、実際は前後とも同じ形の車両になっているみたいです。(つまり、先頭車がPBAの編成とPBKAの編成の2種類がある)
d0073011_10405269.jpg

TGVの特徴が連接構造です。連接車(連節車、関節車とも)とは、2つの車体の連結部分に台車をおいた構造で(イメージ的には2人3脚)、カーブをスムーズに曲がれるというメリットがあります。日本では小田急電鉄のロマンスカーにこの連接構造の車両があります。
d0073011_10432684.jpg

TGVでは客車のみが連接構造で、動力車は通常と同じ構造(ボギー車)になっています。

今度は、アメリカの高速列車「アセラエクスプレス」に挑戦です。(これもTGVwebにあります)

製作中の写真はこちら
[PR]
6月13日以来2ヶ月ぶりとなった「鉄道のトリビア」です。
今日のトリビアはこちらです。
「路面電車は法律上鉄道ではない」
これはどういうことかというと、日本の法律では、道路外の線路用地に敷設された線路を「鉄道」、道路上に敷設された線路を「軌道」というのです。また、鉄道は「鉄道事業法」軌道は「軌道法」と、それぞれを扱う法律も違います。軌道法によると、「軌道は道路上に敷設されなければならない。但し止むを得ない理由がある場合はこの限りではない」(要約)という事になっていて、軌道は基本的に道路に敷設され、止むを得ない場合は鉄道と同じく、道路外の線路用地に線路を敷設できる。という事になっています。そして、前者を「併用軌道」、後者を「専用軌道」といいます。後者については、道路外に新設された軌道という意味で「新設軌道」ということもあります。また、道路を走る区間は「軌道」道路外を走る区間を「鉄道」という扱いにしている路面電車の路線も多く見られます。(万葉線、福井鉄道、伊予鉄道市内線など)
しかしながら、例外も多くあり、当別な認可を受けて道路を走る「鉄道」や、全区間が専用軌道の「軌道」もあります。具体例を上げると前者は江ノ島電鉄、後者は東急世田谷線、京福北野線
がそれにあたります。また、道路の上に造られるモノレール(千葉都市モノレール、北九州高速鉄道)や新交通システム、道路の地下に造られる地下鉄(大阪市営地下鉄)も軌道扱いになっているものもあります。
注)土木、建築用語的な意味で、線路一般の事を軌道と呼ぶ事もあります。

この記事で出てきた鉄道会社についてはこちら
[PR]
先ほど、TGVのペーパークラフトを印刷しようとしたら(TGVのペーパークラフトは自分のノートパソコンに保存しています)紙づまりが起こってしまいました。すぐに紙を引き抜いたのですが、紙の一部がちぎれてプリンター内に残り、取れなくなってしまいました。それを放置して印刷を続行しようとしたら、「クリーニングデキマセン」のメッセージが・・・・。電源を切り、説明書を見ながら、プリンターのふたを開けて中を見たのですが、紙の破片は見つからず、再び電源を入れてみると、異常な音が・・・・。ふたを開けて中をのぞくとプリントヘッドが変な動きをしていたことから、紙の破片がそこにあることが分かり、また電源を切り、プリントヘッドを動かし、紙の破片を取り除いて再び電源を入れると今度はその異常音がしなくなり、正常な状態になりました。これで一件落着と思ったら、今度は「インクノノコリスコシ ブラック」のメッセージが!!
「冗談だろ」と思いました。しかも説明書を見ると、黒のインクカードリッジは2310円です。また「冗談だろ」と思いました。(まあYデンキさんのところならそれより安く手に入るでしょう)というわけで、残りのインクは「緊急用」に残しておき、ペーパークラフトは家にもともとからあるプリンターで印刷させてもらう事にします。ペーパークラフトが印刷できるまでは、以前刷り溜めていた旧型電車のペーパークラフト(19日の記事参照)を作ります。

今日まで作ってきたTGVの先頭車だけ少しお見せします。
d0073011_10474448.jpg

この他に中間車もちゃんと各種類あります。編成として完成したらここで紹介します。ここに写っている車両のそれぞれの名前は、そのときに紹介ということで(^^)。乞うご期待!!

このペーパークラフトのあるwebサイトのURL:http://www.railfaneurope.net/frameset.html
ヨーロッパのサイトなので全て英語です。右上のメニューの「Other」の中に「TGVWeb」はあります。その「TGVweb」のサイト内の「TGVModels」の下にある「BuiltYourOwn」にペーパークラフトがあります。
[PR]
先々週の「初ダブり」に懲りず、昨日またまた鉄道コレクション(以下鉄コレ)を買ってしまいました。
昨日は、運転の練習として(ペーパードライバーにならないため:まだ免許を取って間もないため)家の車にガソリンを入れに行ったついでに、「トイザラス」よってみることになったのです。最初は「スタートレイン」のキハ281が目当てだったのですが、あいにくスタートレインが無かったため、鉄コレにしました。目当てはまだ持っていない貨車か琴電62です。
しかし、その中身はまたまた南武鉄道シリーズで、今回は「日立電鉄モハ2330」でした。幸いダブりではありませんでした。しかも鉄コレの南武鉄道100形の譲渡車で3つ扉はこの日立電鉄だけです。しかし、そこで初めて分かったのは、日立電鉄モハ2330が片運転台だった事です。確かに、箱のイラストを見るとヘッドライトは片方にしかありませんでした。
というわけで、飾る際は不自然でないように以前入手した琴電73(7月1日の記事参照)とつなげています。その際、連結面の間隔が開き過ぎないように、(連結器はダミーのためかみ合わない)琴電73の連結器をはずしました。(ちなみに私の鉄コレはまだ1両もNゲージ化していません)
d0073011_14192378.jpg


近況
現在は、前回の記事の通り、TGVのペーパークラフトを作っています。完成したら投稿します。

More
[PR]