<   2007年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

架空の鉄道を架空の世界に作るとき、最も頭を使うのは駅名です。実際の地名のもじりや、よくある地名などで駅名をつける方法もありますが、ネタが尽きることもしばしばあります。
そこで、そんなとき私がやっている駅名のつけ方は、歌の歌詞を適当な字数に切り、駅名とする方法です。これなら相当な数の駅名ができます。私は主にmihimaru GTの曲をもとに駅名を作っています。例えば、「辺居(へい)」「出居(でい)」「自営(じえい)」「加間世(かませ)」「家居(いえい)」「岐分(きぶん)」「上(じょう)」「城野(じょうの)」(←これが架空鉄道の駅名です)といった駅名は「気分上々↑↑」のサビ部分の歌詞をもとにしています。
しかし、この方法には、不自然な地名(駅名)になりやすい、複数の曲の間でよく出てくる言葉があると駅名が重複するといった難点があります。
[PR]
by tkihara18 | 2007-08-30 13:27 | 架空鉄道
今日のトリビアはこちらです
「電気料金を滞納したため、電力供給を止められた鉄道がある」
鉄道にとって電気は生命線といえます。電化されていない鉄道でも、電気の供給が止まると、信号などが使えず、安全な列車の運行はできなくなります。
これは昭和10年のできごとです。現在の西武池袋線の前身の武蔵野電気鉄道は、業績不振のため、長期間電気料金を滞納していました。もちろん電力会社はだまっておらず、武蔵野電気鉄道への電力供給を停止したのです。そのため、列車はもちろん運休となってしまいました。
[PR]
福岐鉄道(ふくぎてつどう)は、私が中2のとき、始めて本格的に作った架空鉄道です。鉄道の名前は福井鉄道のもじりで、普通鉄道と路面区間がつながっているというところも福井鉄道をヒントにしています。(実際の福井鉄道とは一切関係ありません)
この鉄道の特徴は駅名です。この鉄道を作ったときはハリーポッターの映画第1作が公開され、ブームになっていたことからハリーポッターの登場人物や、関連したものの名前をもじった駅名が多数あります。
その駅名を挙げると、
針井(はりい)→ハリー、堀田(ほった)→ポッター、段部(だんぶ)→ダンブルドア、白里土(はくりど)→ハグリッド、丸五井(まるごい)→マルフォイ、栗金道(くりきんどう)→グリフィンドール、北松(ほくまつ)→ホグワーツなどです。ほかにもありますが、無理やりなのでこれまでにします。
[PR]
by tkihara18 | 2007-08-28 13:27 | 架空鉄道
いい加減にしろと言われそうですが、ブログ名を変更しました

今回はハンドルネーム(ペンネーム)のkiha58の意味の解説です。
kiha58とは国鉄の急行形気動車キハ58系のことです。(形式名の意味については06年6月14日の記事参照)これは私の好きな車両の1つで、画面右上にロゴ画像として載せているアイコンの車両がそうです。
キハ58系は1961年に登場し、1967年まで製造が続きました。使用される地域や路線、製造時期により形態はさまざまです。使用範囲は北海道から九州までの非電化路線各線で使用されました。また、「電車でGO!」の第1作で初級路線として登場した車両でもあります。
登場したときはクリーム色に窓周りが朱色という塗りわけでしたが、JRになってからは各地域、路線ごとにさまざまな色に塗り替えられました。観光、イベント用に改造されたものも多数存在します。
キハ58系は年々減少を続けていて現在では貴重な存在です。
[PR]
何度も告知していますがブログ名を変更しました。
今日のトリビアはこちらです
「駅員さんや車掌さんが切符にスタンプを押す道具の名前は『チケッター』」
自動改札のない駅や車内検札のときなどといえば、車掌さんや駅員さんが切符を挟むようにしてスタンプを押す道具を使っていますが、この道具には名前があり、「チケッター」といいます。
これはJR東海とシャチハタが共同開発し、1990年からJR各社で使用されるようになり普及しました。
[PR]
前回、前々回の記事でも告知しましたが、ブログ名を変更しました

昨日の記事のも書いた海峡花火大会が終わると帰り客のための臨時列車が運転されるのですが、そのうち小月行きの列車も何本かあり、終点の小月では折り返して回送列車となるため、方向幕が「小月」のコマから「回送」のコマまで変換するところが見られました。これを見るのもひとつの楽しみでした。あとで知ったのですが、「小月」のコマは字幕の最後のコマだったのです。「回送」のコマはJRでは大体いちばん最初のコマなので、一番最後のコマからいちばん最初のコマまで動くため、全てのコマを見ることができたことになります。
のちに下関車両センターの一般公開で実物の廃品を入手できたので、見ようと思えばいつでも好きなだけ見られるようになりました。そして、何よりも方向幕のコマの全容が明らかになりました。
下に全てのコマを最初から順に羅列して見ました。これは新山口が小郡だった頃のもので、現在では見られない表示もあります。数字はコマの番号です。
1回送 2試運転 3臨時 4団体 5(無地) 6宇部新川 7岡山 8福山 9糸崎 10三原 11八本松~広島快速 広島 12白市 13西条 14安芸中野 15西条~広島快速 徳山 16広島 17快速 広島 18五日市 19大野浦 20岩国 21柳井 22徳山 23快速 下関 24小郡 25岩国~西条快速 岡山 26厚狭 27下関 28広島~呉快速 糸崎(呉線経由) 29糸崎(呉線経由) 30三原(呉線経由)31竹原 32広 33呉 34広島(呉線経由) 35岩国(呉線経由) 36梅林 37可部 38岩国~西条快速 糸崎 39岩国~広島快速 広島 40ボート専用(*)41快速 福山 42快速スーパーラビット 東福山 43快速スーパーラビット 広島 44広島~岩国快速 岩国 45広島~岩国快速 徳山 46広島~西条快速 糸崎 47西条~広島快速 岩国 48西条~広島快速 広島 49三石 50広島~西条快速 岡山 51西条~広島快速 小郡 52広島~柳井快速 柳井 53瀬戸 54万富 55播州赤穂 56広島~岩国快速 小郡 57広島~呉快速 広 58広島~岩国快速 下関 59呉~広島快速 広島 60呉~広島快速 岩国 61西条~広島快速 五日市 62緑井 63西条~広島快速 南岩国 64広島~呉快速 三原 65南岩国 66由宇 67安浦 68坂 69和気 70小月
*10日の記事に出てきた「ボート専用」の表示はここにあったのです。
[PR]
前回の記事で告知しましたが、ブログ名を変更しました。

一週間前の13日、今年も恒例の海峡花火大会に行ってきました。・・・が、私が覚えている限りでは散々なものでした。この日は雲行きが怪しく、最初は晴れていたのですが、打ち上げが始まってから20分ぐらいたってから雨が降り出しました。しかも横殴りの本降りです!傘は持ってきていたのですがあまり意味が無く、雨合羽を持ってこなかったことがとても悔やまれます。もはや落ち着いて花火を見るどころではありません。風が強く、花火も少し形が崩れているようでした。そして、最後にとても悲惨なことが起こりました。海峡花火大会の最後には目玉とも言える大きな尺球があがるのです。この尺球は天高くまで昇り、そして大きく花開き、柳のような形で散っていきます。このスケールは感動もので、この尺球のために1年間楽しみにしている人もいると思います。去年は写真に取れなかったので今年こそは撮影してやろうと思っていました。そして、最後のその尺球は上がりましたが、強い風に流された煙にさえぎられ、花開いたところが全然見えなかったのです!辺りは失笑の嵐。裏腹にさっきの嵐のような天候はおさまっていました。そして、帰ろうとして歩きながら傘をたたんでいると、何かが空から落ちてきて手に当たりました。さっきの尺球のものと思われる花火の球のかけらでした。記念に持ち帰りました。(←そんなもの持ち帰ってどうするんだという感じですが・・・)
花火は散々でしたが、下関駅のホームでお座敷列車の「旅路」を見ることができました。各鉄道誌の運転予定表には書かれていなかったので予想外の遭遇でした。
[PR]
平素から私のブログをご覧いただきありがとうございます。
このたびは、個人情報漏えいの危険を再認識し、ブログの名前を変えました
新しい名前は「kiha58の鉄道総合研究室(仮)」です。これからは「kiha58」というハンドルネームを名乗ります。kiha58の意味については後日たっぷりと解説します。なお、名前が変わっただけなので管理者や記事の内容などは今までと一緒です。
[PR]
by tkihara18 | 2007-08-16 10:26
方向幕(ほうこうまく)とは、バスや列車などの行先表示機のことで、特に字幕式のものを指します。現在はLEDにとって代えられつつつありますが、まだ見かける機会は多いです。
方向幕の仕組みは、行先などを書いた幕が、表示機内部の上下にある軸にロールされた(カセットテープのテープを巻き取る部分のような感じ)形となっています。
方向幕に表示されるものは主として行先や種別ですが、中にはそれ以外の表示が出るものがあります。
鉄道会社やバス会社の名前が出ることはたまに見られます。JRでも、まれにJRマークが出るものもあります。
臨時列車の用途を示すものとしては、新幹線では「修学旅行」という表示が出ます。また、在来線では「ボート専用」(競艇の臨時列車)という表示も見たことがあります。
極め付けが時候の挨拶で、鹿児島市営バスでは回送の表示に新年の挨拶が出るそうです。また、広島電鉄200型(ハノーバー電車)は、クリスマスのイベント運転で「メリークリスマス」という表示(カタカナと英語表記の2つがあるみたいです)が出ます。
[PR]
前回の記事にも書いたとおり、昨日西鉄全線完乗を達成しました。
行程は、9:37に福岡(天神)駅を急行花畑行きで出発し、宮ノ陣ですぐに接続の甘木線で甘木へ向かい、折り返しで大牟田へ向かい、特急で天神に戻るというものでした。宮ノ陣~大牟田間はどのように乗るか決めていませんでしたが、花畑で降りてホームで昼食(博多駅で駅弁を買っておいた)をとり、12:02の特急で大牟田へ向かい、ついに西鉄完乗を達成しました。
大牟田へは、以前あった「ネーブルランド」という遊園地に行ってみたいと思っていた時期があったのですが、そのネーブルランドは閉園してしまい、行く機会はなくなってしまったのですが、ついに大牟田へ来てしまいました。特急の折り返しの15分程度しかいられなかったのですが、貴重な経験でした。天神へ向かう特急は、運転室後部の展望席(?)に座る予定でしたが、駅の外に出て駅を見物していたら席が埋まってしまい、結局展望席には座れませんでした。
天神についたあとは同行してくれた友人の家へ行き、そして博多駅17:04発のソニック41号で帰途に就きました。完乗を達成してからは、もう当分西鉄に乗らなくていいといった心情です。
d0073011_13452142.jpg

↑ついに大牟田に・・・・
[PR]