<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

A7で、町が発展すると、市街地の中に突如として、市街地に不似合いなゴルフ場が建ったことはないでしょうか?
これは、資材置き場に置かれている資材の量が関係しています。まず、建物は、最寄の資材置き場にある資材の数よりも多くの資材を必要とするものは建ちません。そのため、資材の量が少ないと、住宅や雑居ビルなどの小さな建物しか建たないため、自然と郊外の風景ができます。逆に、マンションやビルが林立する風景を作りたいなら、大量の資材を置けばいいのです。
そこでですが、ゴルフ場は建設時に資材を多めに消費します。必要資材数は120です(コンテナ1個が資材1個に相当)。そのため、資材を多く消費するマンションやビルといっしょに建ってしまうのです。
自然発展に任せるとき、(ゴルフ場が似合う)郊外の風景にするには資材を置く量を少なくする必要があるので、自然発展時に郊外のような風景の中にゴルフ場ができることはほとんどないのです。
「ニコニコ鉄道」のWikiに資材の量と建物の関係を表にしたExcelがあるので、参考にしてみるとよいでしょう。
新大陸開拓編-ニコニコ鉄道株式会社Wiki #おまけ(http://nicotetsu.wikiwiki.jp/?%BF%B7%C2%E7%CE%A6%B3%AB%C2%F3%CA%D4)
[PR]
by tkihara18 | 2008-05-31 10:04 | A列車
A7(A列車で行こう7)では、土地の売買ができません。土地の購入は建設、売却は撤去と同時に行われるので、あらかじめ買収しておけないのです。線路用地ならあらかじめ線路を敷いて確保することができますが、土地運用がしたい場合はそうはいきません。
しかし、裏技的な方法で土地運用ができるのです。それは、資材置き場を利用するのです。さて、資材置き場を撤去したら資金が増えたという経験はないでしょうか?資材置き場は、撤去費用が土地売却額よりも安いので、撤去すると利益が出るのです!それを利用するのです。
具体的なやり方としては、
①駅建設と同時に資材置き場を地表に設置
②資材を運び込み、普通に資材置き場として使用
③町が発展したところで資材置き場を撤去
といった具合です。しかし、③で資材置き場を撤去すると、跡地に建物が建とうにも建てないので、地表と地下の両方に資材置き場を置くのがよいでしょう。
[PR]
by tkihara18 | 2008-05-23 16:51 | A列車
以前紹介した「LED Bord」で発車案内板を作ってみました。この発車案内板は、私が「A列車で行こう7」の中で作った「春日野中央」という駅の発車案内という設定です。表示されている駅名の元ネタは、近年の深夜アニメに詳しい方ならすぐわかるでしょう。『ニコニコ動画』におけるA7のプレイ動画(ニコニコ鉄道)にも同じ駅名が登場しますが、これはそのオマージュであり、そこに同一性がないことをお断りします。
また、ここにおける「長門市」という駅も、単に駅名を借りてきただけなので、山陰本線の長門市駅とは同一性がないことをお断りします(つまり、山口県長門市にある長門市駅ではありません)。

*画像は2008年6月5日の記事に移動させましたm(_ _)m

*表示は左から、種別・列車名/乗車口・時刻・行先・のりば です。
[PR]
私は今、阪急6000系を作っているのですが、作業も順調に進み、塗装も終えたおとといの夜のこれから寝ようというときに、運転室付近の寸法を間違っている(3000系と同じ寸法になっている)ことに気付きました。その日は、連休も最後の日であること、私のプリンターが1年前と同じエラーを起こし印刷不能になったこともあり、一気に憂鬱モードに突入しました。
阪急の車両の、特に2000~7000系あたりは形状がほとんど同じなのでややこしいのです。これらのうち、5000系以前の車両(3000系など)と6000・7000系は、運転室付近の寸法が違うのです。それは、6000・7000系はワンハンドルマスコンを使用している関係で運転室が広いのです。そのため、運転室の扉は少し後ろ寄りにあり、運転室と客扉の間にある窓は通常の半分の幅(のちに設置されたもので、一部の車両にはこの窓がない)なのです。(画像
私は、阪急の車両の設計図を共用しているため、誤って運転室が狭いほうの車体でけがいてしまったのです。
対処に悩みましたが、結局運転室のドアの位置には目をつぶり、運転室と客扉の間にある窓を紙片で埋めて半分の幅に狭めることでごまかしました。
[PR]
A列車では、株取引で資金を増やすことができます。ここでは、私なりの株取引のコツをご紹介します。
A7では、A5のときとは株取引のやり方がやや異なっています。異なっている点は以下のとおりです。
株取引ができる時間 A5:平日の9時から17時まで A7:常に可能
株価 A5:4~5桁で表示。 A7:3~4桁で表示
取引単位 A5:1000株単位 A7:100万株単位

取引のコツですが、株価が安いときに買って値上がりしたら売るのは言うまでもありませんが、売却時に株価の1割は手数料として引かれるため、わずかしか値上がりしていない状態で売却すると、ほとんど儲からなかったり、逆に損をすることになります。

例えば、資金100億円の状態で800円の株を100万株買い、1000円に値上がりしたところで売却したとします。

これを式にすると、
株購入:100億円-(800円×100万)=92億円
株売却:92億円+(1000円×100万)=102億円
と、2億円しか儲かっていないことになります。
そのため、購入時の株価より400~500円以上値上がりしてから売却するのがいいでしょう。

私の場合このような方法で行っています。
①800~900円台に値下がりした株を購入。―このとき何100万株買うかは資金と相談します。150億円を切っている場合は300万株でやめておきます。このとき、必ず200万株以上購入するようにします。

②さらに値下がりしたら100万株購入。

③株価が1200円を超えたらひとまず売却。500万株以上持っているときは200万株、300万株以下のときは100万株が目安です。全部売却しないのは、売却したあとで株価がもっと値上がりし、悔しい思いをしないためです。

④株価がもっと上がったらまた売却。株価が下がったら①から繰り返す。
といった具合です。資金繰りに困っている方は試してみてもいいと思います。
[PR]
by tkihara18 | 2008-05-01 14:22 | A列車