人気ブログランキング |

新作品~京急2000形

8日に京急2000形が完成しました。製作期間は5日です。
台車はダミーですが、車体はHOゲージとして通用する構造となっています。車体の構造は、側板と屋根が一体となったペーパールーフ構造で、縦横に補強を入れ、強度を確保しています。方向幕は、Excelで作成したものを初めて採用しました。ちなみに表示は、「快特 1A 品川」です(写真を拡大してみてください。正面の右端に1Aと書いてあるのが確認できます)。

※画像容量の都合上1枚目の画像を削除させていただきました。m(_ _)m
d0073011_1527537.jpg



今日の帰りに115系のセキH01編成に乗ったのですが、運転台の速度計の上側に、「気象条件等、空転しやすいときはノッチ扱いに配慮願います」と書かれた貼り紙がありました。その貼り紙があったのはクハ111-811です。



今日の13:50ごろキハ47(車号は確認できませんでした)が車両センターへの入場線で(前回の記事参照)、1両のみで試運転をしていました。片運転台の車両が1両のみで走っているのを見たのは、構内運転を含めて初めてです。

また、今日の14:00ごろ、8日のEF81 408と同じように、今度はEF81 304が山陽線の上り線を走っていました。(14:30ごろに幡生に戻ってきました)