人気ブログランキング |

祝 記事数100件達成!!~不思議な信号変化

平素から私のブログをご覧いただきましてありがとうございます。ついに、このブログの記事数が100件に達しました。(削除した記事もあるので厳密にはすでに100件を超えていますが・・・)これからも宜しくお願いいたします。
※NOTICE
このブログの容量の都合により、今後、初期の記事を削除する予定ですのでご了承ください。m(_ _)m


本題に入ります。
これは2年ほど前のことなのですが、当時、使用で福岡まで行った帰りの列車内でそれを見ました。私はそのとき、先頭車両で運転室越しに前を見ていました。列車は4146M(快速羽犬塚発門司港行き)か4348M(準快速大牟田発小倉行き)で、時間は15時台です。列車が、遠賀川~水巻間の遠賀川橋りょうに差し掛かったとき、前方の信号機が、突然赤になったのです。運転士はすぐにブレーキをかけましたが、信号はすぐに進行に戻りました。とても不可解ですが、この信号変化は1回だけでなく、3回ほど見ています。しかも、いずれも同じ時間、同じ場所でです。通常、3灯以上の信号機で、青から突然赤に変わることは普通ではありません。しかも、水巻駅付近にはポイントもないため、進路関係で赤信号が出ることも考えられません。踏切の非常ボタンが押されたにせよ、同じ場所、同じ時間に何度も発生するという点からでは考えにくいです。なぜこのような信号変化をしたのでしょうか。

P.S先週転落事故があったサティ(13日の記事中にも登場)は、私の在学する市立大と直線で200mほどしか離れていません。