人気ブログランキング |

京成の信号

今日は、京成電鉄の信号方式についてお話します。信号現示は通常と同じ、進行、減速(制限75キロ)、注意(制限45キロ)、警戒(制限25キロ)、停止です。ATS方式は、京急や浅草線と同じ1号線式 ATSですが、速度照査のやり方に違いがあります。京急と比較すると、京急の場合、連続照査(常に速度制限を守らなければならない)は注意、停止だけですが、京成の場合、進行以外のすべての現示で連続照査になっていて、速度オーバーがあった場合は、直ちに常用最大ブレーキが減速、注意のときは45キロ以下になるまで、警戒のときは停止するまで作動します。また、京急の場合、速度照査が行はれる速度は、各現示の制限速度+5キロですが、(警戒を除く)京成の場合は、「各現示の制限速度=照査が行われる速度」となっています。
閉塞区間(信号機と信号機の間)は、信号機の先150mを重複区間とし、列車がこの重複区間を越えるまでは、その信号機の1つ前の信号機も赤(停止)のままです。(この方式を「ハーフオーバーラップ方式」というそうで、京王電鉄もこの方式を採用しているそうです)
速度照査標識は、京急のB点標と違い、「ループ始端表示板」という標識があり、停止信号の手前では15キロ以下で通過しなければなりません。(停止信号以外では機能しません)また、終端駅(少なくとも成田空港駅)では、速度制限25キロのループ始端表示板が設置されています。「ループ始端表示板」は、オーバーランや、誤出発を防止するために設置されています。また、成田~空港第2ビル間にある、成田空港方面と東成田方面の線路が分かれる駒井野信号場手前では成田空港駅へ行く列車に対する制限55キロを守らせるため、短い間隔で速度照査を行う「速度確認標」(正式には標識ではありません)があり、制限100キロ、制限90キロ、制限80キロ、制限70キロの標識が200m間隔で設置され、制限速度を超えると70キロ以下になるまでブレーキがかかります。