京急全車種解説~1500形

d0073011_14483482.gif
1000形の後継車として1985年に登場した地下鉄浅草線直通用の車両です。
初期の車両は従来どおりの普通鋼製で、側面の戸袋部分にも窓がありました。また、編成も4両編成だけでした。
1988年に製造された車両からは、車体の素材がアルミ合金製に変わり、軽量化されました。ここで、6両編成、8両編成も登場しました。
1990年製造された車両からは、制御装置がチョッパ制御方式のものからVVVFインバータ制御のものに変更され、京急初のVVVF制御車となりました。
2004年からは、初期の車両から更新工事が行われ、内装の変更やバリアフリー対策が行われました。また、外観上では、戸袋の窓がふさがれました。
2006年11月30日現在、新町検車区に4両編成が10本、6両編成が3本、金沢検車区に4両編成が2本、6両編成が3本、車両管理区に8両編成が10本在籍しています。(このほか2両が更新工事のため工場入場中)
参考:キャンDVDブックス「京急おもしろ運転徹底探見」JTBパブリッシング
   「週刊 鉄道データファイル」デアゴスティーニ
[PR]
by tkihara18 | 2007-05-31 14:48 | 京浜急行