方向幕の変わった表示

方向幕(ほうこうまく)とは、バスや列車などの行先表示機のことで、特に字幕式のものを指します。現在はLEDにとって代えられつつつありますが、まだ見かける機会は多いです。
方向幕の仕組みは、行先などを書いた幕が、表示機内部の上下にある軸にロールされた(カセットテープのテープを巻き取る部分のような感じ)形となっています。
方向幕に表示されるものは主として行先や種別ですが、中にはそれ以外の表示が出るものがあります。
鉄道会社やバス会社の名前が出ることはたまに見られます。JRでも、まれにJRマークが出るものもあります。
臨時列車の用途を示すものとしては、新幹線では「修学旅行」という表示が出ます。また、在来線では「ボート専用」(競艇の臨時列車)という表示も見たことがあります。
極め付けが時候の挨拶で、鹿児島市営バスでは回送の表示に新年の挨拶が出るそうです。また、広島電鉄200型(ハノーバー電車)は、クリスマスのイベント運転で「メリークリスマス」という表示(カタカナと英語表記の2つがあるみたいです)が出ます。
[PR]