人気ブログランキング |

Gimp 自作パレット

Gimp(私が使っているのはGimp 2.2です)のパレットにはいろいろなパターンのものがあります。いくつあるか数えたことはありませんが、おそらく20ぐらいはあるでしょう。パレットの中には、ごく基本的な色を集めたものや、さまざまな濃さのグレーを集めたもの、こげ茶→赤→黄色→白と変わっていく過程の色を集めたもの、パステル調の色を集めたものなどがあります。そのパレットの中に、自作したパレットを追加できます。パレットの中にはドラッグアンドドロップで好きな色を入れていけるので、よく使う色をまとめておくと便利です。
私の場合、鉄道車両の車体色に使われている色を集めたパレットを作っています。
ウィキペディアの「鉄道の色」のカテゴリには、国鉄の車両で使われた色の解説ページが集められ、そのページには、その色の色コードが出ています。しかし、ペイントソフトでその色コードを打ち込んで色を作ると、ほぼ間違いなくイメージとはかけ離れた色になってしまうので、既存のパレットからイメージに近い色を集めていく方がよさそうです。