鉄道のトリビアその63

今日のトリビアはこちらです
「鉄道線路は、道路と平面交差しないことが大原則」
線路と道路が平面交差するところ、それは言うまでも無く踏切です。新幹線や地下鉄、高架線を除いて、線路があれば当たり前のように踏切はあります。しかし、線路と道路は原則として平面交差してはならないのです。
線路と道路双方の通行量が少ない場合や、地形的に止むを得ない場合はこの限りではないそうです。すると、日本のあちこちに当たり前のようにある踏切は、すべて法律または規定の例外によって設置されたものということになります。これはすごいことではないでしょうか?
[PR]