人気ブログランキング |

鉄道のトリビアその73

今日のトリビアはこちらです。
「日本一長い距離を走る普通列車の所要時間は8時間」
日本一長い距離を走る普通列車は、根室本線の滝川発釧路行きの2429D列車です。滝川を9:38に発車し、釧路には17:38に到着します。走行距離は308.4kmです。8時間という所要時間は、純粋な各駅停車の列車(←ローカル線では、普通列車でも乗客数の少ない駅を通過することがある)の中ではダントツ1位です。ちなみに2位の所要時間は、山陽線・呉線の広~下関間の普通列車で、5時間2分です(623M列車の場合)。