鉄道のトリビアその77

今日のトリビアはこちらです
「寝台車を改造した普通列車がある」
国鉄時代の特急または急行用の車両で、新幹線の開業などにより余剰となった車両は、一部で普通列車用に転用されたものがありました。主にこれは東北・北陸・九州など、交流電化区間で見られました。その中に、寝台車だった583系電車を普通列車用に改造した車両が登場しました。419系と715系がそれで、前者は交直両用で現在でも北陸本線で使用されています。後者は交流用で、東北と九州で使用され、現在は全車が引退しています。715系のうち1両は九州鉄道記念館に外装を583系に復元したものが展示されています。
[PR]