人気ブログランキング |

新幹線の変わった運転区間

先月のダイヤ改正で、東海道・山陽新幹線もダイヤが大きく変わりました。その中で、変わった運転パターンが登場したのでいくつか紹介します。
まず、早朝の上り列車に、西明石発ののぞみ60号が登場しました。使用車両は700系です。西明石駅に停車するのぞみはこれが唯一です。
朝6時台に三原発の300系使用のこだまがありましたが、今回の改正でひかり362号東京行きとなりました。岡山発着のひかりと同じく、名古屋以西は各駅に停車します。
同じく早朝に、博多発新山口行きのこだまがありましたが、今回の改正でなぜか小倉発になりました。
朝8時台の新下関発博多行きのこだまが700系で運転されるようになりました。
また、新横浜発広島行きのひかり(ひかり393号)も登場しています。新横浜発着の列車はこれが初と思われます。この列車は西明石にも停車し、山陽区間内各駅停車のものを除くと唯一西明石に停車するひかりになります。使用車両はN700系です。N700系は大量投入が行われていますが、早くもひかり、こだまでの運用が登場しています。